Customer's Voice
007
洗練された住まいを作り上げるのは家でなく、住まう人が作り上げる
洗練さ=文章や人格などを優雅なものにしたり、磨きのかかったものにしたりすること
シンプルなものと上品さで仕上げられた「洗練さ」
お施主様が求めた住まいには「洗練さ」が溢れおり、それはインタビューからも垣間見えた。



ーまず、家づくりを考えたきっかけは何でしょうか?
最初は子供が生まれたのがきっかけでした。元々賃貸で住んでいて、自由に遊べるスペースもなく、子供が生まれてから考えるようになりました。
ーでは、計画されていた期間はどのくらいしたか?
よく驚かれるのですが他の方と比べて計画期間はとても短く、すぐ家づくりが決まりました。
実は最初はマンションリノベーションを計画していて、リノベーションを手掛けている会社に話をしていました。しかし、色々考えていくうちに最終的に戸建ての方が良いと決断しました。それで土地を探していて、ちょうど良いタイミングで今の場所に決まりましたが建物をどうしようかということになり、たまたまインスタの広告でRayCraftが出てきて、この工務店なら自分達の理想の暮らしができるのではと思いすぐに決めました。なので長い期間かかったというより、全てタイミング良く物事が動きました。
ーちなみにこの土地を決めたきっかけは何でしたか?
他に3箇所見ていましたが、ここは周りに歴史が残りつつ、駅にも近く、海など自然と共存ができて近い。さらに開けていてとても明るい印象があり、子育てにはうってつけと感じ決めました。
ーRayCraftをお選びいただいたきっかけは何でしたか?
最初インスタグラムの広告でたまたま流れてきたのを見て初めて知りました。
その時他に2つ施工会社の候補が有りました。他の第一候補ではプランと見積もりを出してもらっていましたが、諸々厳しいところがありました。実はその間もRayCraftさんの営業担当さんがかなり親身に相談聞いてくれて、それも有り諸々検討した結果こちらでお願いすることになりました。
ーその時の具体的なエピソードなどありますか?
商談の時、子供の面倒を見てくれるスタッフがいたり、子供の昼寝の時間をずらして商談してもらったり、
中々このご時世で人柄に触れる機会が少ない中、色々初めてのことに対して親身に対応してくださって、最終的に選んでよかったと思いました。

ー家づくりの際、どんなところにこだわりましたか?
一番こだわったのはキッチンと階段の框(かまち)と玄関上がりの框です。RayCraftは漆喰の壁と無垢の床の標準仕様であることに共感を持て、質感とシャープな"線"の出かたにこだわりました。そして色をあまり使いたくなく、白を基調としたシンプルながら明るい印象になればと思いました。内装では配線や収納など隠し空間を広く見せるように設計してもらいました。
ーキッチンのモールテックスがメリハリが出て印象的ですが、元からご希望していましたか?
そこは悩みに悩んでモールテックスにしました。元からはキッチンはペニンシュラ型で階段の框(かまち)のようにスッキリ見せたかとったのですが、手入れや費用面など踏まえ最終的にモールテックスを選びました。
あと、最初は2階のトイレはフリースペースの位置にあり、主寝室の収納を広くする予定でしたが、せっかくならスペースを作った方が良いと思い設計し直してもらいました。
ーRayCraftからお気に入りの提案などありましたか?
モールテックスを用いたキッチンとステンレス天板がアクセントとなっているキッチンバックが提案された中でもイメージ通りの仕上がりで満足しています。そして外壁の色ですが、最初は白色を希望していました。でも白だと手入れの大変さなどもあり迷いがありました。そんな時に今のライトグレーを提案していただきました。最初はサンプルだけでは中々分からず不安でしたが、建ってから見てみるとこの外壁にとても満足しています。
これも好きなテイストが「こうゆうのが好きでしたらこれも好きですよね?」という的確な回答と提案が返ってきて、それがとても良かったです。
ー住まれてからまだ日は浅いと思いますが、良し悪しを教えてください。
良いところはたくさん有って難しいけど、質感やシャープさ、家事や生活導線などの使いやすさ。全てにおいて「満たされた生活」を送れてます。
そして自然素材の良さを実感しています。例えば床に傷がついてもメンテナンスしてさらに愛着が沸きました。
あと水回りも前より広くなって、子供と一緒にキッチンに立てたりするのが楽しいです。
唯一構造上仕方なかったことではありますが、洗面所が引き戸ではなく外開きの扉になってしまい、大きな荷物を直接パントリーに運ぶことに苦労するところですかね。
ただ、それを踏まえても満足した生活を送れてます。
ーお家の中で一番過ごされている場所やお気に入りの場所はありますか?
やはり子供がまだ小さいこともあってリビングやダイニングで過ごしています。これも生活の中で家族の一体感(空気感)が欲しく、1回目の打ち合わせで出していただいたプランニングだと、キッチンが少し離れ家族の一体感が少なく感じました。それですと理想の生活とは異なると感じ、今回のような設計をお願いしました。あとは今後、家の庭やベランダの使い方など色々工夫して、楽しく過ごしていきたいと考えています。
ーお客様にとっての至高の休日スタイルって何ですか?
まだ子供が小さいのもありますが、例えばキッチンに一緒に立ったり一緒に過ごす時間が至高の休日スタイルかなと思います。あとまだ試せていないのですが、暖かくなったら外でプールして過ごしたりするのも良いかも。
このように、家を建てたことで前の家ではできなかった子供との過ごし方を再確認できることが良かったです。
ー最後にこれから家を建てられるお客様にアドバイスをお願いいたします。
まず自分が家づくりでやりたいことをとりあえず言ってみる。その中でできることをジャッジしてもらい提案してもらう。それをこちらでさらに考える。これかと思います。その中で情報収集として私たちが使ったツールはインスタグラムでした。中でも好きな人のアカウントを見てその情報をもとに色々調べていました。さらにRayCraftの施行事例をよく見て「こうゆうのができたらな」とか色々考えていました。
ただ、叶うならばこのご時世でなかったらもっとショールームに沢山行きたかったのが本音ですね。
一見、シンプルな家に見えて細かい仕様などこだわりが詰まったお家。
そこは住まう人の感性や人柄で、その洗練された家を作り上げ、シンプルに見えた家を彩っていく。
このお施主様だからこそ為せる、本当の「大人空間」が広がった住まい。
こちらのお住まいを「事例」で見る
お客様の声一覧に戻る

Page Top